2007年9月15日土曜日

VC++ & Unicode 上での全角/半角の文字判定

正直、VC++ で文字列を扱うこと自体、嫌な思い出ばかりで嫌い・・・
でも EditBox の入力チェックとか、制限とか、かなり文字とは縁があるので避けて通れない道・・・。
 
と、いうことで今回は、VC++ & Unicode で開発しているプログラムで、全角文字の入力を制限することになった(仕様の関係で)。
Shift-JIS では散々やったが、Unicode か・・・。
Unicode 上では半角とか全角とか、そんなんないんだけどドーヨ?と、思ったが当然 API は存在した。
GetStringTypeEx という API で、こんなかんじ。
ちなみに、↑のドキュメントは 半角と全角の定数名が逆になっているので注意。
明らかに間違いです、、C3_HALFWIDTH が半角です・・・(動かして確認した)。
 
API だけ紹介しても意味ないですよお兄さん!
と、いうことで以下の感じで実装。
 
追記 2009.06.12: このページへの訪問がおおいので、サンプルコードを書いてみました。

// 文字列がすべて半角か確認する
BOOL IsAllHankaku( const TCHAR* pTarget, int nLen )
{
    // 文字の種別を取得する
    WORD* pType = new WORD[ nLen ];
    GetStringTypeEx(
         LOCALE_SYSTEM_DEFAULT   
// ユニコード版プロジェクトでは、無視される引数      
        ,CT_CTYPE3               
// 全角、半角、ひらがな等を判定するタイプ
        ,pTarget                 
// 判定対象となる文字配列
        ,nLen                    
// 判定対象となる文字配列のサイズ
        ,pType                   
// 判定結果の配列
        );
    // 結果がすべて半角なら TRUE をかえす
    BOOL isAllHankaku = TRUE;
    for( int i = 0; i < nLen; i++ ){
        if( !(pType[i] & C3_HALFWIDTH) ){
            isAllHankaku = FALSE;
            break;
        }
    }
    delete [] pType;
    return isAllHankaku;
}
 
int _tmain(int argc, _TCHAR* argv[])
{
   
// ロケール設定
    std::wcin.imbue( std::locale("japanese") );
    std::wcout.imbue( std::locale("japanese") );
   
    std::wcout << _T("文字列を入力してください:");
    std::wstring szTarget;
    std::wcin >> szTarget;
    // 上記の関数を呼び出し
    BOOL isAllHan = IsAllHankaku( szTarget.c_str(), szTarget.length() );
    if( isAllHan ){
        std::wcout
            << _T("この文字列は、すべて半角文字です:")
            << szTarget
            << std::endl;
    }
    else{
        std::wcout
            << _T("この文字列には、全角文字が含まれています:")
            << szTarget
            << std::endl;
    }
    return 0;
}

 
なんともない、楽勝である。

0 件のコメント:

コメントを投稿