2009年6月3日水曜日

Visual Studio 2008 Team System 新機能の概要メモ

Visual Studio 2008 Team System 機能メモ
 
--------------------------
Ⅰ. コード分析
 A. 概要
  1. およそ200種類、大枠で11項目のルールからコードを検証する
  2. アンマネージコードのコード分析は貧弱
 B. 使い方
  1. プロジェクトのプロパティから、コード分析を有効にして、分析を実行する

Ⅱ. プロファイリング
 A. 概要
  1. CPU 負荷や、実行速度などのボトルネックの発見を助ける
  2. サンプリングは、定期スナップショットや、モジュール単位の検証など大まかな調査をする
  3. インストルメントは、関数ごとの処理などより詳細な情報を集める
  4. サンプリングは、長期シナリオにも向いている
 B. 使い方
  1. プロファイリングウィザードからプロジェクトを指定し、実行するだけ
------------------------------
 
 
調査が足りなすぎだけど、とりあえずメモ。
アンマネージ C++ で使えそうなのは、プロファイリングくらいかなぁ・・
カバレッジ機能とかは後日チェックしてみよう。
 
 
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿