2009年11月7日土曜日

Windows XP で、リモートデスクトップ接続を複数ユーザで同時に行う方法(マルチセッション)

PCで作業をしていると、リモートデスクトップを使う機会がよくある。
かなり便利な機能なので、使う人はたくさんいるものだ。

そこで問題になるのが、「複数ユーザの同時ログオン」。
Windows XP では1人のユーザしかログオンすることはできないし、誰かがログオン中に無理やりログオンすると、既にログオン中のユーザが強制ログオフされてしまう。。

という問題はすっかり「仕方のないもの」だと思っていたのだけれど、今日調べたらそれが解決できる、つまり「複数ユーザが同時ログオンできる」方法を見つけたので共有しておく。

------------------------------------------------------------------------------

複数ユーザの同時ログオン方法(マルチセッション)

Ⅰ.設定手順

  1. Terminal Server Patch をインストール
    • http://www.kood.org/terminal-server-patch/ から、「Terminal Server Patch」をダウンロードする
      →「Download Latest 2.1 Binary」をクリック(2009/11/06 現在)
    • ダウンロードしたファイルを実行してインストールする
      →ファイル名は「Termiserv_XPSP2-SP3_i386_2.1.exe」(2009/11/06 現在)
      →実行中に「動作の保障がなんちゃら・・・」「CDを入れてください」などメッセージが出るが、気にせずOKで進む
    • PCを再起動する
      →最後に再起動を求められるので、再起動する
  2. グループポリシーで、接続数を設定する
    • グループポリシーエディタを起動する
      →ファイル名を指定して実行「gpedit.msc」
    • 「コンピュータの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「ターミナル サービス」を選択
    • 同「ターミナルサービス」内の「ターミナル サービス ユーザに対してリモート セッションを 1 つに制限する」を有効にする
    • 同「ターミナルサービス」内の「接続数を制限する」を有効にし、「最大接続数」を 999999 にする
      →「最大接続数」は任意の値でOK
  3. レジストリエディタで、マルチセッションを有効にする
    • レジストリエディタを起動
    • HKEY_LOCAL_MACHINE
      └SOFTWARE
         └Microsoft
           └Windows NT
              └CurrentVersion
                └Winlogon
      の「AllowMultipleTSSessions」の値を 1 にする

以上、簡単 3 ステップ!
あとは、実際にリモート接続するだけ。

Ⅱ.注意点

  1. ユーザについて
    • ドメインユーザには対応していない(と謳っている)
    • 同一ユーザでの同時ログオンは対応していない(ユーザアカウントを複数作成すること)
  2. OS のバージョンについて
    • この記事は、サーバ側(接続される側)に Windows XP SP3 を使用したときのものである
    • 接続する側も Windows XP SP3 だったが、接続する側は割と何でもいけるらしい
  3. 責任について
    • もちろん自己責任でやること
    • ライセンス云々の問題は不明

Ⅲ.補足

そもそもなぜこんなことが可能かというと、Windows XP SP2 の Beta版でマルチセッション機能の開発をしたが、セキュリティ上の問題(ライセンスの問題も?)等が解消されなかったので、機能を無効にしている、ということらしい。

Ⅳ.参考

<ポジティブ回路>http://blog.goo.ne.jp/sito1980/e/5204ff550ed8ad14bcb453921802b72d
<きたへいの悠々自適>http://kitahei.cocolog-nifty.com/youyou/2007/07/windows_xp_ece3.html
<IT pro>http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NT/NEWS/20040113/1/

 

以上。

0 件のコメント:

コメントを投稿