2009年5月20日水曜日

Visual Studio で、ソース管理プラグインの初期化エラーの対処法

本日の業務中、表題の件で1時間ほど時間を無駄にしてしまったので記録しておく。
・・・といっても、最終的に解決したのは自分じゃなくて先輩なのだけど・・(感謝
 

[問題]
Visual Studio 2008 で開発をはじめたところ、Visual SourceSafe(以下VSS)のバインドに失敗していることに気がついた。マシンには以前、Visual Studio6、.NET2003、2005、2008が入っており、2003と2005はアンインストールされた状態であった。Visual Studio 2008 上では、ソース管理プラグインの初期化エラーが発生しソース管理へのバイントに失敗する。そして、環境設定からもプラグインに SourceSafe を指定することができずに「なし」と表示されてしまう・・という状況。
ちなみに当然、VSS 6.0 はインストールされていた。。。
 
[解決]
コマンドプロンプトから、「RegSvr32 ssscc.dll」を実行する。
 
[原因]
どうやら、ssscc.dll が VSS のプラグインそのもので、通常はサービスに登録されているが、何かの拍子に(2003や2005のアンインストール時?)削除されてしまっていたようだ。
 
[補足]
あと、VS2008 からの VSS6 使用は公式サポートされていない。
また、VSS6 だと Unicode のソース管理に問題が発生する可能性がある様で、2005を使うのがベストらしい。

 
以上。
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿