2010年9月25日土曜日

AutoHotkey Script - Outlook の表示/非表示、一発切替キー

以下のコードは、「Windows キー(ミ田)」 + 「1」で、Outlook の表示非表示を切り替えるもの。
1発起動なので、マウス操作、Alt + Tab の切り替えよりも、さらに素早くメールチェックができる。

Outlook の表示/非表示切替コード

SetTitleMatchMode 2

#1::
IfWinExist, Microsoft Outlook
{
IfWinActive, Microsoft Outlook
{
WinMinimize
}
else
{
WinMaximize
WinActivate
}
}
else
{
Run outlook
}
return



ポイント

Outlook を「最小化時にアイコン化する」の設定にしていると、IfWInExist で発見できなくなるので困るのだが、Outlook の2重起動防止機能を利用して、アイコン化時には表示、未起動時には起動、という動作をさせている。検索文字列と Run を変えれば Thunderbird でも、なんでも可能。

0 件のコメント:

コメントを投稿