2014年7月12日土曜日

Surface Pro2 にブルーライトカットの保護シートをつけてみた

買って数ヶ月たった Surface Pro2 ですが、ディスプレイが光沢なので目が痛くなります。
といっても、最近のノートやタブレットは例外なく光沢なので、Surface のせいではありません。

ちなみに、自分の目弱体質はこんな感じ。
  • コード書くときは背景が黒じゃないと、目が痛くなりやすい
  • 白のぎらつきが目視でわかる
  • 一般人のディスプレイがまぶし過ぎて驚く
  • 目が痛くなっても我慢していると、頭痛がしてくる
  • 頭痛も我慢していると、吐き気がしてくる
PCに向かわざるを得ない職業としては致命的・・・
ということで、ブルーライトの保護シートを買いました!

マイクロソフト Surface Pro 2 / Surface Pro 用 液晶保護フィルム ブルーライトカット 反射防止 気泡レス加工 TBF-SFP13FLGBK


Surface Pro 2 対応です。


中身はあっさりとこれだけ。 



台紙をひっくり返すとクリーナーが付いています。



張ったらこんな感じになりました。





マット感でてますね。




特有のぼやけはありますが、目立ったモアレもなく。


気になった点としては、タッチペンで操作するとザラザラ感があり、かなり傷付き易そうな感触がします。光沢な保護シートよりも摩擦が生まれている感触です。

ただ、数日使っていたら慣れてきて、特に傷も今のところついていません。
むしろ適度な摩擦が紙っぽくて、タッチペンがすべり過ぎず、操作感が増したような気さえしてきました(効果には個人差があります)。

ブルーライトの効果はわかりませんが・・・
それも暫く観察ですね。
これで仕事がはかどるといいですね~


0 件のコメント:

コメントを投稿