2014年11月23日日曜日

Maker Faire Tokyo 2014 に行ってきました。

11/13(土)にMaker Faire Tokyo 2014 に行ってきました。
当日にFacebookに流れてきた情報を見てすぐ突撃したので前情報もなかったのですが、電子工作系のDIYに関連したイベントのようです。
最近IT業界では猫も杓子もIoTと言っているので、来年再来年とどんどん盛り上がっていくのではないでしょうか。

とはいえ、自分はソフトウェア開発は長いですが電子工作はやったことがないので、初めて知ることばかり。同じ境遇の方もいると思うので、自分が興味持ったところを簡単にまとめておきます。

IoT 開発プラットフォーム(マイコンボード)

入り口近い Intel と NVIDIA のブースが目立っていました。
ですが、これらの位置づけを理解するには今流行の Raspberry Pi と Arduino について知る必要があるようです。

Raspberry Pi

最近流行の Raspberry Pi ですが、まだまだまとまった情報がありません。。
が、HDMIやUSBポートがついていて小型PCの様であり、一番とっつき安いのかもしれません。

>現在、25米ドルの「Model A」と35米ドルの「Model B」「Model B+」の3つのバージョンがリリースされている。
wikipedia より http://ja.wikipedia.org/wiki/Raspberry_Pi

Model A : http://www.amazon.co.jp/Raspberry-Pi-Type-A-256MB/dp/B00CYA6UKI/ref=sr_1_sc_1?s=computers&ie=UTF8&qid=1416738069&sr=1-1-spell&keywords=raspberry+pie+type+a
Model B : http://www.amazon.co.jp/Raspberry-Pi-Type-B-512MB/dp/B00CBWMXVE
Model B+ : http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00LT4BOK6/ref=pd_lpo_sbs_dp_ss_1?pf_rd_p=187205609&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=B00CBWMXVE&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=1G9560YEP7JGJ6FPYG5E

Arduino

Raspberry Pi が全部入り、対して Arduino は目的に特化した製品があるイメージでしょうか。
種類がありすぎてよくわかりませんが・・・

Arduinoシリーズ
http://ideahack.me/article/134

Arduino
http://www.arduino.cc/

ArduinoとRaspberry Piの違いとは

Arduinoはハードウェア開発寄り、Raspberry Pi はソフトウェア開発寄りということのようです。ずばり ArduinoとRaspberry Piの違いとは? という記事がこちらにあります。
http://wired.jp/2014/01/07/the-difference-between-arduino-and-raspberry-pi/

Intel

Edison (10/25から国内発売)
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/do-it-yourself/edison.html

Galileo 第2世代 (Edisonの前)
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/do-it-yourself/galileo-maker-quark-board.html

NVIDIA

Jetson TK1
http://www.nvidia.co.jp/object/jetson-tk1-embedded-dev-kit-jp.html
購入出来る場所
http://www.gdep.jp/product/view/79
http://www.oliospec.com/item_detail/itemCode,Jetson-TK1-KIT/

 

その他印象に残ったプロダクトなど

handiii

handiii は筋電義手です。
筋電義手というのは、手を動かそうとすると腕の筋肉が動く仕組を利用して、筋肉の動きを電気で検知して動かす義手。

まず見た目がえらいカッコイイので惹きつけるものがあるのですが、でもお高いんでしょう…?という質問にもNOで答えてくれます。100万以上する既存の筋電義手よりも安くてかっこ良くて誰でも手に入れられる、時計で言えばSWATCHのような存在を目指しているとのことでした。

handiii のクラウドファンディング
http://kibi-dango.jp/search.php?type=action&run=true&items_id_PAL%5B%5D=match+comp&items_id=I0000063&stid=14798268005

開発チームexiii
http://www.exiii.jp/

Picalico

LEDの点滅をスマホで読み取って、文字やURLを表示できるシステム。
液晶を持たない家電(掃除機や洗濯機)と組み合わせて使うとこんなこともできます。

液晶などのリッチなUIを持たなくてもユーザに情報を伝える手段として面白いと思いました。 

ふうせん宇宙撮影

風船を使って宇宙撮影をするノウハウを公開しています。
材料費も1万円程度で出来るとのことで、自分もやってみようかな!?という気になりました。
http://fusenucyu.com/

 

情報源

IoT関連の情報源として、こんなサイトを知ることが出来ました。

MAKE

今回のイベントの主催者でしょうか?
http://makezine.jp/

fabcross

個人のものづくりを応援するメディアだそうです。
https://fabcross.jp/

以上。

0 件のコメント:

コメントを投稿